MAIL

BLOG ブログ

  • TOP
  • ブログ
こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

《ニッチ(Niche)》とは、生物や経済の分野でも使われる単語で、一般的には『すきま』というニュアンスで知られています。よく『ニッチな市場』などと言いますね。
建築分野では、壁をえぐって作ったくぼみ部分のことを指します。彫刻や花瓶などのインテリアを飾るための、壁龕(へきがん)という言い方もします。



玄関や廊下や居室の中にも、工夫次第でさまざまな場所に作れますし、大きさも本格的な収納スペースとして活用するタイプから、ほんのワンポイント、好みの小物を飾るために設えるケースまでさまざまなバリエーションがあります。



最初から目的を持って、「ここにニッチの収納をつくろう」というオーダーよりは、建築仕様がまとまっていく過程の中で、「それならこの場所にニッチの飾り棚を作ったらおしゃれかな」というように、遊び心を持って取り入れたい空間だと思います。

藤代工務店のモデルハウスでは、寝室に向かう短い廊下に《ニッチ》を設えました。アロマを楽しめるポプリとリネンを使ったアンティー小物、天使をモチーフにした小さなプランターを飾っています。



機能性を重視した住空間の中にも、ちょっとした《ニッチ》を設えれば、住まう人のセンスで、お客さまに向けたおしゃれな演出も可能です。何より、好きなモノに囲まれた住まいは、毎日の暮らしを少しだけ楽しい気分にしてくれるので、オススメです。

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

自由設計で住宅を考える時、まず最初に思い浮かべるのは、どこでしょう? 『まずはリビングかな』とお考えの方が多いのではないでしょうか。では、女性目線ではどうでしょう?

い、そこはやっぱりキッチンですね。


 

料理好きな男性が増えているとはいえ、ご家庭でお食事を担当するのは残念ながらまだまだ女性が中心だと思います。

単に料理を作る場所としてだけではなく、キッチンは女性にとってのいわば聖域。奥さまが毎日を機嫌良く過ごせるように、一番大切に考えなければいけないのはキッチンだと思います。

藤代工務店の洋風モデルハウスのキッチンは、白がベース。吊戸棚も、コンロ・シンク下の収納も余裕たっぷり、そしてパントリーも奥行きのある広めの設計です。冷蔵庫は日本サイズに合わせています。

カウンターからリビングの様子がわかるので、お子様とコミュニケーションをとりながらお料理ができます。実際にモデルハウスにご来場いただき、リビングソファとの距離感を確認してみてください!

システムキッチンについても、モデルハウスで実際に触ってみて、どんな些細なことでも結構ですので質問してみてください。会話の中から気がつくこともあるはずですし、そこから新しいご要望が出てくるものです。

藤代工務店は、お客さまがどんな暮らをしたいのか、一緒に考えながらご提案をまとめていきます。お客さまの理想を実現する、最善の仕事を目指しています!

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

洋風住宅の魅力を実感していただける、藤代工務店の新しいモデルハウス。鹿行地域で注文住宅をご検討中の皆さんには、ぜひ一度見学にいらしていただきたいと思います。

◆モデルハウス見学・予約ページ

https://www.fujishiro-m.com/application/

※大変申し訳ありませんが新型感染症予防対策のため、事前のご予約をお願いしています。

藤代工務店のモデルハウスは、キッチンとリビング・ダイニングが一体化したオープンプランニング。大きな開放的な空間で、洋風住宅のスタンダードを演出しています。

実際にご来場いただくとわかるのですが、広いリビング・ダイニングではどこにいても全体を見渡せるので、ご家族全員の気配を感じることができ、子育て中のご家族も安心できると思います

また、広い空間の場合、家具選びが少し難しいとお感じの方もいらっしゃると思います。ダイニングテーブル、ソファセット、その他のインテリアなど、コーディネートによってお部屋の雰囲気はガラッと変わってしまいます。

藤代工務店のモデルハウスでは、オーソドックスで上品な家具・インテリア雑貨をコーディネートしてご提案しています。ソファセットの大きさとラグマットの広さのバランスや家具の点数など、きっと実際にお部屋の中に配置されているのを見て、はじめて気がつく点が多いと思います。

ご旅行が少し難しい今年の夏休み、ぜひモデルハウスの見学にお越しください! スタッフ一同、ご来場を心よりお待ちしています。

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

新型感染症の影響で、テレワークが増えてきているようです。でも、外出しても、しなくても、洗濯モノは毎日溜まっていきますよね。せめてストレスは溜めないように、ランドリールームをおしゃれにして、気持ちを上げていきたいものです。

お風呂と脱衣所と洗濯機はだいたい一緒になっていて、この洗濯機周りの収納術は、世の奥さまの間で話題になることが多いようです。藤代工務店では、このランドリースペースに、余裕を持たせた設計を心がけています

モデルハウスでは、洗濯物を畳んだり、アイロンがけができるテーブルをご提案。タオル類は、ここに一括ストック。タオルは毎日使うモノだから、家族みんなが見えるように、オープンラックがおすすめ!

取り出しやすく補充もしやすい。ただ置くだけが、一番ラクでなおかつスッキリします。


 

少しさっぱりしすぎかなと感じた時には、レースのカーテンやドライフラワー、リネンの小物などで工夫して、遊び心を発揮してみましょう! 

ランドリールーム以外にも、寝室、ダイニング、キッチンと、洋風住宅にあったインテリア提案がたくさんありますので、モデルハウスにぜひ遊びに来てください!

 

感染症対策のため、事前のご予約を以下よりお願いします!

モデルハウス見学・予約ページ

https://www.fujishiro-m.com/application/

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!


 

藤代工務店の新しい洋風モデルハウスには、もうご来場いただけましたか? 1階でオープンしているハンドメイド雑貨のセレクトショップ『Beans』さんを覗くのも楽しいので、ぜひ一度遊びに来てください! 


 

新型感染症対策のため、大変申し訳ありませんが、事前のご予約を以下よりお願いします!

モデルハウス見学・予約ページ

https://www.fujishiro-m.com/application/

 


 

画像のお部屋は、モデルハウス2階の居室です。天窓からの光が天気によって変化したり、季節を感じることができるお部屋になっています。

実はモデルハウスは、1.5階建てです。これは、1階部分に対して半分程度の面積の2階をプラスした住宅のことを指しています。1.5階建ては、建築コスト面など多くのメリットがあります。

細かい情報は、ぜひモデルハウスにご来場いただいた際にご質問いただきたいのですが、機能面では平屋の生活のしやすさを理想と考えつつも、やはり子ども部屋や書斎など『個室ももう少し欲しいかな』とちょっと迷っている方にオススメしたいです。

趣味の小部屋、書斎、子供部屋などなど、その小さめの個室の利用方法はさまざま。時間とともに変化していく家族に合わせて、使い方をアレンジしやすいのも魅力です。

先頭

前へ

次へ

最後