MAIL

BLOG ブログ

  • TOP
  • ブログ

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

アメリカン・コースタル・スタイルでは、メリハリを効かせるビビッドな差し色や、全体としてナチュラルで素朴な素材感が、インテリア・テイストの基本になります。そのあたりが、ヨーロッパのビーチリゾート風コースタル・スタイルと一線を画すところですね。気取りがないカジュアルさ、人の手触りを感じる温かみのある雰囲気が肝ということでしょうか。

ご紹介画像のハウスナンバーや真っ赤なポストは、お施主さまからのご支給品です。経年劣化した後にも味わいが出そうなブリキ製のポストは、アメリカン雑貨で有名なMERCURY製。ドアやカバードポーチのラスティック(素朴な・飾り気のない)な表情と合わせて、全体のトーンを統一しています。

エクステリアもインテリアも、全体がまとまっていて不自然さがないことが、コーディネート面で一番大切なことだと思います。

藤代工務店では、お客さまのご要望を可能な限り設計・デザインに取り入れさせていただきます。ご支給品が何らかの事情で採用できない場合にも、丁寧にご説明させていただきます。

藤代工務店の建築事例集《WORKS》も、ぜひ合わせてご覧ください!

https://www.fujishiro-m.com/works/

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

今回の実績紹介は、キッチンです。最近は、積極的にお料理を楽しむご主人も増えてきましたが、やはりキッチンの設計にあたっては、奥様主導になるケースが多いように感じます

キッチンは毎日使う場所。だからこそ、動きやすくて、使いやすくて、そして毎日楽しく向かい合える! そんなひと工夫があれば最高ですね。そのために、まずはキッチン全体のイメージカラーや差し色を決めてみる、というのはいかがでしょうか。

こちらのお住いの、キッチンのアクセントカラーは、パープル。リビング・ダイニング・キッチンは、ホワイトとブラックが絶妙なバランスで配色されていますが、そこにキレイな差し色となるパープルのモザイクタイルをあしらっています。エレガントに過ぎず、モダンに過ぎず、内装全体が上品にまとまっています。

また、造作のパーティションもメリハリを効かせて、インテリア全体を効果的に演出しています。キッチンスペースは、あえて北側を向けて、窓の先には霞ヶ浦と筑波山を見渡すことができます。

これなら、毎日のお料理も楽しくなりそうですね。 

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

GLホーム神栖店、藤代工務店が新たに建設中のモデルハウスが、いよいよ完成間近になりました! 予定よりだいぶ遅くなってしまいましたが、いつもどおりしっかり丁寧に仕上がっています。

今回のコンセプトは、アメリカン・ライフ体験型モデルハウスです。外観は、オーソドックスなアメリカン・カントリースタイルラップサイディングモールディングが施された窓は、爽やかなアメリカンテイストを醸し出しています。

小屋裏使いの平屋、シンプルな三角大屋根もカワイイ! 北米の農園暮らしをイメージしています。スクリーンド・ポーチも設えていますので、アメリカン・ライフの雰囲気を体験していただけます。

6月中には、皆さんにご来場いただけるように正式に公開する予定です。見学会なども計画中。イベント詳細が確定した段階で、改めてご案内しますので、興味のある方は、こちらのブログや藤代工務店のホームページなど、お時間のある時にチェックしてください!

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

藤代工務店のホームページに掲載している建築事例集《WORKS》をご覧いただいていますか?

https://www.fujishiro-m.com/works/

神栖市を中心に、茨城県、千葉県で藤代工務店が手がけた実績をご紹介しています。スタイルもさまざま、内装についても特長的なところを可能な限り画像掲載しています。真似してみたいと思えるようなアイデアがきっと見つかると思いますので、ぜひ一度アクセスしてみてください。

今回新たに掲載するのは、いわゆる《アメリカン・コースタル》スタイル。イメージとしては、カリフォルニアのビーチハウスですね。外壁は、ラップサイディング。コースタルスタイルでは、白をベースカラーにして光を増幅させ、明るい印象にします。

玄関ドアは、アメリカからの輸入品。ガラス部分にブラインドが付いています。カバード・ポーチも定番です。窓枠には、モールディング。窓数を増やして、室内にも陽の光を多く採り入れています。


 

コースタルインテリアでは、シンプルな快適さが基本です。ドアは、無垢材。リビングの壁には、古材を使っています。スイッチはアメリカンスタイル。細かいディテールにこだわることで、スタイルは本物になります。ダイニングテーブルもしっくりフィットするものが見つからないというご要望をいただき、当社にて製作しました。


 


 

千葉県成田市/K様邸

完成日:2017年12月

場所:千葉県成田市 

構造:2☓4工法

スタイル:アメリカン・コースタル

敷地面積:286㎡(86坪)

延床面積:104.85㎡(31坪)

 

藤代工務店の建築事例集、ぜひ参考にしてください!

https://www.fujishiro-m.com/works/

 

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

家で過ごす時間が増えている影響で、生活リズムが壊れている方も多いようです。皆さんは、お変わりないでしょうか?

生活リズムと言えば、健康と睡眠に関する医科学研究が注目を集めています。毎日のニュースで新しい知見の発表に触れることも増えていますが、質の良い睡眠のためには、光のコントロールがとても重要なようです。

朝の目覚めとともに、陽の光を浴びると脳の覚醒がうながされるとか、就寝の数時間前にスマホなどの強い光を見ると睡眠の質が下がるなど、どうやら人間が本来生物としてもっている生体リズムと生活時間を合わせることがポイントのようです。

住宅建築に関しては、例えば集合住宅で、南東角部屋が最良の物件という考え方にみられるように、ずっと陽の光がより多く入る部屋が良いとされてきました。確かにそのとおりなのですが、建材や家電製品の高性能・高機能化などによって、北側の居室であっても、快適な環境は作ることができるようになりました。

昼間は明るく、夕暮れとともに照明を活用して、夕食の後は就寝にむかって、より穏やかな間接照明に調光していく、そんな流れが一般的には理想でしょうか。ただ、現代人の生活スタイルは千差万別です。

お客さまそれぞれの生活時間の流れとともに、必要な場所に最適な灯りを用意すれば、意識せずとも自然に快適な暮らしが実現すると思います。

藤代工務店は、お客さまのライフスタイルに合わせて、理想的な採光を考えた住宅設計をご提案しています。どの部屋に、どのスペースに、どのような光が必要なのか。お客さまが健康に快適に過ごせる家づくりのために、光の設計もとても重要な要素だと考えています。

次へ

最後