MAIL

BLOG ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 建材コラム:健康になれる建材!《ハイクリン スカットボード》
2020.04.23 thu

建材コラム:健康になれる建材!《ハイクリン スカットボード》

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

前回の〈建材コラム〉では、断熱材《セルロースファイバー》をご紹介しました。

建材コラム:コスパ最高の断熱材〈セルロースファイバー〉

今回は、その断熱材の上(室内側)に張る下地、室内の壁のすぐ裏側にある〈石膏ボード〉のご紹介です。

石膏ボードとは、石膏を主成分とした板状の建築材料で、耐火性、断熱性、遮音性があります。壁や天井に広く使われますが、用途や性能によっていくつかの種類があります。今回特に注目したいのは〈調湿性能〉。藤代工務店がおすすめする石膏ボード《ハイクリン スカットボード》は、この調湿性能が半端ないです。

6畳のお部屋に《ハイクリン スカットボード》を壁と天井に使用した場合、なんと4.5リットル分の水分を吸収してくれます。500mlのペットボトル9本分です。エアコンが苦手な人にとって、これほどありがたいことはありません。バリ島やハワイ島の乾季は、気温が30度前後になるにも関わらず、不快な暑さを感じることはありません。それは、湿度が低いからです。湿度コントロールは、体感が気持ち良いだけではなく、カビやダニの発生も抑制してくれます。

〈吉野石膏のホームページ・解説はこちら↓〉

調湿機能タイプ | タイガーハイクリンボードシリーズ

また、この建材のシリーズ最高級グレードでは、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収して、身体に無害なCO2に分解してくれます。

空気は目に見えないので、湿度コントロールや清浄性について認識しにくいですが、実は性能の違いによって長い年月の間には、そこに住まう人の健康面に大きな差が出てくるのはあきらかです。

 

〈長い年月に渡って、快適に暮らしていただく住まいづくり〉というコンセプトを掲げる藤代工務店としては、まずは理想の〈健康住宅〉へのご提案として、こちらの建材をご提案させていただきます。