MAIL

BLOG ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • モールディングがイイ感じに仕上がりました!
2020.03.31 tue

モールディングがイイ感じに仕上がりました!

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

神栖市の分譲地〈フルーツテラス知手〉に建築中の藤代工務店モデルルームは、ただいま外装工事中です。新型コロナウィルスの影響もあり、進捗が少し遅れています(-_-;)

ゴールデンウィークまでには、皆さまに公開したいと思っています。はっきりとした竣工のメドがたった段階で、またご案内させていただきますね!

さて、内・外装ともにだいぶ完成してきたモデルルームですが、今回は窓装飾のモールディングについてご紹介します。
 

モールディングとは、建築物や家具などに施される縁どりの装飾のことです。日本では、繰形(くりかた・くりがた)といいます。また、漆喰を使いモールディングを作る左官の技術を蛇腹引きと呼びます。

本来は、天井と壁などのつなぎ目(境目)の不揃いを隠して、美的に処理するための装飾でしたが、現在では窓まわりや軒下、手すり、玄関ドアなどにも、装飾のためにモールディングが使われるようになっています。モールディングは形状によって、光と影の縞模様を造り、輪郭を際立たせます

モールディングは、広い空間では太めのものや重ねて設置することで、重厚感を演出でき、また狭い空間では太いモールディングだと目立ちすぎてしまい、狭さを強調する結果になってしまいます。要は空間とのバランスが大切ということですね。

さて、藤代工務店モデルルームの窓枠はいかがでしょう。モールディングがなかった場合を想像してみてください。貧相というか、少しさえない印象に感じませんか? モールディングが設えてあるイメージを見ているがゆえに、余計にそう感じてしまうのだとは思うのですが、メリハリがなくなりますよね。

モールディングは、平面的な顔にシャドウが入ってビビッドに感じさせる、いわばメイクアップのような存在ですね。上手にバランス良く施せば、外観を数段グレードアップさせてくれます。

モデルルームが公開された時には、ぜひご自身の目で確かめにいらしてください!