MAIL

BLOG ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 目指すのは、フェラーリよりポルシェ!
2020.02.04 tue

目指すのは、フェラーリよりポルシェ!

こんにちは! マイスター品質の《藤代工務店》広報チームです!

フェラーリとポルシェ、いわずとしれたスーパースポーツのトップブランド。しかし、その車に求められているもの、存在価値、ひいては経営姿勢も大きく異なります。わかりやすいところでは、イタリアとドイツの国民性の差。快楽主義と職人気質でしょうか。

芸術品と高級な実用品という視点もあります。実際問題として、フェラーリの凄さは、優れたデザイン原画に合わせてそのまま工業製品としての自動車を作り出してしまうところ。生産性とかコストは、犠牲にしても構わないという思想がはっきりしています。つまり、生産者の思想・表現を重視した〈芸術作品〉というニュアンスを感じます。

ポルシェは、優れた設計思想のもと、同じフォルムを維持しながら長きにわたって作り続けられている、そんなイメージ。モノづくりにおいて、技術的根拠からブレない姿勢が一貫しています。














フェラーリのエンジンは、定期的な部品交換を前提に高性能を実現しているそうで、レーシングカーの発想に近く、実用的ではありません。作り手も乗り手も、良くも悪くも極端に偏っており、乗り手が峻別されています。分解整備が必要な走行距離は4~5万km。その距離をメドに売りに出されることが多いそうで、つまり、長く乗る車ではないということがわかります。

Meistreを標榜する藤代工務店の経営コンセプトは、もちろんポルシェ型です。
住まう人の快適性を考え、しっかりとした技術的・論理的な根拠に基づいた設計によって、長く住み続けられる家づくりを追求しています。